• HOME
  • 弁護士との違い
  

司法書士に債務整理を依頼するメリット

  
過払金請求を専門家に依頼する場合、
司法書士と弁護士で何が違うのでしょか?
010001.png     


債務整理に限らず弁護士は依頼料が高いのが一般的です。また、弁護士の場合は、実際には過払い金請求や破産手続きをしなくても、相談しただけで料金が掛かったり、過払い金請求において、過払い金が返金される前に着手金が掛かってくる場合もあり、一般的には司法書士に依頼したほうが安く済みます。

また、当事務所はお客様の生活再建を一番に考え、
お客様の手元に残る過払い金を増やすことを目的にして過払い金報酬を従来の20%から15%に引き下げましたので、お客様の負担は少なくて済みます。(但し、中には司法書士と同程度の価格で手続きを行っている弁護士さんもいらっしゃいます。)

しかし、司法書士は法律で
140万円以上の事件については訴訟代理権が認められません。では140万円以上の過払金がある場合、司法書士に返還請求を依頼することはできないのでしょうか?

実は「本人訴訟」という方法があります。
これは、140万円以上の事件については司法書士が代理人として法廷に立つことができないので、手続き上は自分で訴訟を起こすという方法です。

「自分で裁判なんてできない・・・」と考える方も多いでしょうが、実際には必要書類の作成や手続き方法、裁判当日の流れ等、必要なことはすべて司法書士が教えてくれます。

また、
自分自身が裁判に参加できるので、ご自身の納得いく形で過払金返還手続きを進めることができます。逆に弁護士に任せきりで、いつの間にか考えていたことと違う形になっていたということを避けることもできます。
本人訴訟についてもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

ただし,当初の約定残高での借金の額(1社あたり)が140万円以上の場合は,法律上,本来はいくらであるかにかかわらず(法的には負債がなく過払金が発生している状態でも),この段階では,原則司法書士は代理人となることができません。この場合は,ご自身で取引履歴をお取り寄せいただき,こちらで法律上の額を計算し,過払い金が発生している状態であれば,過払金の請求について代理人となること又は本人訴訟のご支援をするこは可能です。
よって,1社あたりの債務が140万円を超えている場合,ご自身で取引履歴をとりよせるのが嫌な方,過払いかどうか不明の方は,当初から弁護士へご依頼いただくことを検討されてもいいかもしれません。

少し複雑で分かりにく話かもしれませんが,その点も含めて,司法書士が直接面談にてご説明しますので,お気軽にご来所いただければと存じます。


借金問題に関するお問い合わせ・無料相談はこちら!

ImgTop2.jpg

●HOME ●無料相談会 ●事務所紹介 ●スタッフ紹介 ●料金表  
●アクセスマップ ●減額報酬頂きません ●地元密着宣言